◆出入国在留管理局 申請取次 ◆特定技能 登録支援機関

ネパール人が結婚できる条件って何? 日本とはどう違うの?

2020/03/24
 
ネパールには2つの結婚の形がある
この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

ビザ母さんのネパール日和にようこそ。

前回のブログで、ネパール人と結婚するためには、日本とネパール、両方の法律を守らないといけないことをお話しました。

実は、日本とネパールでは、結婚の条件が異なるのです!

日本では年齢や独身者であることなどが、民法で決められていますね。

で、ネパールはというと、ある4つの条件全てに当てはまらないといけないんです。
そのうちの一つが、男女とも既婚者ではないこと。。。ってことは?

つまり、ネパールでも重婚は禁止だってことです!!! (2018年8月より)

それなのに、ネパールに妻がいて、ビザ目的で日本人と結婚する不届き者(!)や、日本に妻がいて、ネパールに一人で帰国しネパール人の妻と結婚する馬鹿者(!)がいるんです。

重婚はネパールでも犯罪です!
罰則だってあるんです!

残念なことに、ほとんどの場合、日本人妻は相手が重婚していることを全く分かっていなかったり、分かっていてもどうしたらいいか、途方に暮れる状態だと思います。

ネパール人が結婚できる条件、日本人の結婚できる条件は、こちらでさらに詳しく記載しています。

 

国際結婚の手続きやビザについてはこちら

現在お困りの方等、お問い合わせはこちら

 

次回は、ネパール人だって重婚したら、処罰されますよ!・・・というお話。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.