◆出入国在留管理局 申請取次 ◆特定技能 登録支援機関

ネパール人は恋愛中や結婚後の束縛が激しいー国際結婚トラブル

2020/11/16
 
ネパール人との結婚_束縛が激しい
この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

ビザ母さんのネパール日和へようこそ。

ネパール人との交際において、実は悩んでいる方もいるのでは、と思いまして。。。

 

実は多い、束縛が厳しいという悩み

私は国際結婚に関するビザの取得や延長などの仕事をしています。
その際によく聞く悩みが、「彼の束縛が激しくて・・・」です。
のろけならば、のんびりと聞くだけでいいのですが、本気で悩んでいたりするのでね。
相手がネパール人だけでなく、広く南アジア圏で、このような悩みは見られますね。

 

恋愛と女性に対する考え方の違い

これには恋愛と女性に対する、ネパール人の社会的な考え方の違いも影響しています。
国際恋愛、国際結婚となれば、相手国の文化的、社会的な習慣や考え方の違いは良く知っておく必要があります。
その上で、二人で対処していくしかないんですね。

まずは、「ネパール人との国際結婚のトラブルと解決策、束縛が激しい」で、概念の違いを知った後に、解決策をご覧ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.