◆出入国在留管理局 申請取次 ◆特定技能 登録支援機関

ネパール人とサリーとの付き合い方 その1

2019/11/19
 
ネパール人とサリーとの付き合い方
この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

ビザ母さんのネパール日和へようこそ

ネパールやインドと言えば、女性はサリーです。

上に超短いTシャツのようなものを着て、ペチコート(サリーの下にはくスカート)を着てそれから幅1メートル x 長さ5メートル位のきれいな布を巻き付けるものです。

ネパールのサリーは、未婚か、既婚か、未亡人かによって、サリーの色が違います。

未婚女性は赤と白以外のカラフルなもの、既婚女性は赤いサリー、未亡人は白いサリーだそうです。
(この頃、未亡人でも緑や茶色などに色のサリーを着るようになりましたが)

ペチコートとスカートの間に隙間があってね。

どうしてもおなかのお肉がちら見えしてしまいます。
じつは、このはみ肉??が、たぷっとなっているのが良いらしいです。
いやぁ・・・(写真をきちんと見ないでね!)

「太りましたね!」は、ネパールではほめ言葉です(*^^*)
いい生活を送っているという、証拠だかららしい。

今の私の、疑問は・・・・

ペチコートの下は、何を着ているのだろう・・・・。
それは、言わないお約束、です。
(はいてない!説があってね・・・・爆)

国際結婚に興味を持たれた方は、こちら→国際結婚の手続きとビザの支援室

ネパールに行ってみようと思った方は、こちら→外国人の彼の実家を訪問する

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オリ香

オリ 香 行政書士

行政書士登録 16131829号
埼玉県行政書士会 越谷支部所属
東京出入国在留管理局 申請取次届出済
特定技能 登録支援機関

1972年生まれ
法政大学法学部政治学科卒業

山ガールだった2001年1月、一人旅でネパールにトレッキングに行き衝撃的な出会いが!! そしてネパール人の夫と国際結婚。

自身の経験を活かし、国際結婚の結婚手続き及びビザの手続き等を、出入国在留管理局 申請取次行政書士として行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.